グループ概要

1982年設立のMEAN WELL社は標準タイプのパワーサプライの製造を専門とする世界的なメーカーです。2017年3月にリリースされたマイクロテクノロジー・コンサルタント報告では、グローバル電源(DC出力)メーカーの第5位に格付けされています。MEAN WELL社は第1位から第4位にランクされているメーカーのODM/ OEM向けビジネスモデルとは異なり、自社ブランドの標準タイプパワーサプライの売上高収益が、全売上高の99%に達しています。

MEAN WELL社は「善意」及び「信頼できるパートナー」の精神に基づき、顧客、サプライヤー、請負業者及び従業員と長期的な相互信頼関係を結んでいます。世界100カ所以上の正規販売代理店と強固なパートナーシップを結ぶことで、MEAN WELL社はこの30年、堅実な成長を遂げてきました。中国(広州花都地区、深セン、蘇州、天河区)、米国カリフォルニア州、オランダ(EU)、新北市(台湾)に4つの先進生産拠点を有するとともに世界本部の位置付けとなる中国蘇州市、台湾支社及び販売代理店には2500人の従業員を有し、2016年の連結収益は7.8億米ドル(250億新台湾元)を達成しました。
 

 
1991年という早い時期に導入されたコンピュータシステムは、独自のニーズに応じてMEAN WELL社のITセンターが設計・開発しています。代理店網、サプライヤーネットワーク、請負業者、および従業員が包括的なERPシステムにより手を取り合うことで、各々のニーズを満たしています。このようにしてグローバルリソースを統合し、効果的に運用効率とサービス品質を向上させています。